歯医者さんのポスターを納品しました

まだ空気が冷たいですが、それでも寒さが大分緩んできました。桜のつぼみも少し膨らんできたようで、春の到来が本当に待ち遠しいです。

歯医者さんのB4ポスター

数日前になりますが、明石市のくろだ歯科様にB4ポスターを納品いたしました。
今回、デザインと印刷を担当させていただきました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

印刷デザインも承ります

今年からWEB制作以外に名刺やショップカード、フライヤーなど印刷デザインも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ネット検索が新聞の一面を飾る

天気予報によると月末まで寒い日があるとのことで、くぎ煮や桜の期待感から一転がっかりしてしまっている今日この頃です。

新聞の見出しにグーグルの文字が踊る

最近はニュースを見ても気持ちが盛り上がる話題が目につきにくいのですが、先日の新聞の朝刊で1面に「グーグル」の文字が目に入ってきました。見出しをサラリと見ていると経済的な内容が主体ではなく検索にスポットがあたっているようでした。

ネット検索の影響力

記事の詳細な内容はさておきまして、新聞の一面にインターネット検索の話題が取り上げられたということが衝撃でした。スマートフォンが普及してインタネット環境を手元に持ち歩く今日であれば自然なことだとは思えるのですが、それでも「検索」や「アルゴリズム」なんて業界での話題だという感覚が抜け切れていませんでした。

SEOという呪文

SEOについては以前少し取り上げましたが、最近はユーザー様から普通に口にされる言葉になりました。現状においてSEOは日本の検索の9割以上を提供するGoogleのアルゴリズムを逆手に取る対策で、Googleがアルゴリズムを明確にしていない以上、終わりのないいたちごっこになってしまいます。そこに時間とお金と労力を継続的に費やしていくことは、規模の大きくない事業所にとって現実的であるとは考えられません。それよりもGoogleが提唱する「ユーザーにとって有益であること」や自身が伝えたい特徴などを意識したサイトやコンテンツを作っていくことが、Googleのアルゴリズムの変更にも影響を受けにくいSEO対策の近道ではないかと考えます。

試用WordPress.com for Google Docs

いかなご解禁日の昨日から寒さが戻ってきています。それでも日に日に陽射しは春めいてきているようですし、漂うくぎ煮の香りをにおいながら春の訪れを楽しみにしたいと思います。

WordPress.com for Google Docsアドオンの提供

朝からTwitterでWordPress.com for Google Docsの内容が流れたので、早速どのようなものか試してみました。

始める前にまずWordpressを利用している必要があるのと、独自にWordpressを構築されている場合はWordpress.comのアカウントとJetpackプラグインを導入しておく必要があります。

導入の流れ

まずはGoogle Web ストアにアクセスしてアドオンをインストールします。
[インストール]をクリックするとGoogleDocsが開きます。

上部メニューのアドオンに[WordPress.com for Google Docs]という項目があるので[Open]を選択します。

画面右側にこのようなバーが表示されます。[Authorize]をクリックするとアカウントへのアクセス確認が表示されて許可すると関連付けるWordpressサイトを選択する画面が表示されます。

設定が終わると先ほどの画面右のバーの表示が変わります。

この状態でGoogleDocsにタイトルと記事を書いて[Save Draft]をクリックすると連携したWordpressサイトに下書きが作られます。

GoogleDocsを利用している人には便利

私の環境では貼り付けた画像がWordpressに反映されませんでした。
案内では画像も反映される旨の記事が書いてあったので、Wordpress.comのサイトであれば反映するのかもしれません。
ですので、現状においてGoogleDocsのみで本格的に記事を編集して投稿していくのは難しいので、既にGoogleDocsを利用している方でしたら、PCやスマートフォンなど様々な環境からいつでも記事の編集ができて便利だと思います。

初めての確定申告

先週末あたりからお天気もよく寒さが大分緩んで、冬の服装で少し動いたら暑いと感じるくらいになりました。まだ油断はできませんが春の訪れを感じられるようになって期待が膨らみます。

新たな年中行事

巷ではイカナゴの解禁が3月7日に決まって、春を迎える準備が始まりつつあるようですが、確定申告も今月が締め切りということで慌ただしくされている方も多いのではないでしょうか。
昨年、個人事業を始めました私にも漏れず書類が届きまして、初めて確定申告の書類を作成しました。

自然と利用を決めたクラウドサービス

知人の話や前職で少し経理をお手伝いしたことから、クラウドサービスの存在を耳にしていたのですが、自分で調べてみても同じサービスにたどり着いたもので、自然とクラウドサービスを利用する流れになりました。
初年度ということもあると思うのですが、利用したクラウドサービスには確定申告の書類を作成してくれる機能がありまして、毎月入力している数字と必要な書類の項目を入力すると、適した項目に内容が入力された状態で確定申告の書類を出力することができました。

スピード提出

初めてということもあって、入力項目の確認や必要書類を探すのに手間取りましたが、それでも半日程度で書類を揃えて明石税務署へ書類の提出に行きました。
税務署では入ってすぐに受付の窓口があって、前に2~3人並んでいましたが5分か10分しないうちに自分の順番がきて、入力項目の確認と指示のあったところに押印してあっさり提出できました。
滞在時間15分程度。一抹の不安はありますが、スムーズに確定申告をすることができました。

クラウドサービスを実際に利用して本当に便利なものだと驚きました。気になっていた作業を終えて一安心です。さて、本業の作業を進めるとしましょう。

明石ものづくり企業紹介に掲載!

先週末から青空が広がるいいお天気が続いていて、部屋の中にいるのがもったいなく感じてしまいます。梅も見ごろを迎えつつあるようで春が待ち遠しい限りです。

明石市の企業として掲載いただきました

今日から一般財団法人 明石市産業振興財団様のホームページ「明石ものづくり企業紹介」に当サービスを掲載いただきました。昨年後半から始めた活動ですが、新年度を前にようやく自ら用意した媒体ではないところに名前を載せていただくことになりました。

これから明石市の企業の一員として、明石市と近隣地域の皆様の力になれるよう取り組んでまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。