利用しない理由がない無料SSL

もう11月ですね。今年はなんだか寒くなるのが早い気がします。体調管理には気を付けたいですね。

耳にし始めて聞き慣れてきたきた”無料SSL”ですが、利用する機会の多いレンタルサーバー各社が対応を始めました。
本ホームページはいち早くSSLを導入するために、開設間もなく有料SSLを利用していますが、他に運用しているサイトで無料SSLを設定してみました。

今回実施した環境はさくらインターネットでWordpressを導入していました。
手順はそう複雑ではなく、コントロールパネルのドメイン設定から無料SSLを有効にして、しばらくして届くメールを待ちます。
さくらインターネットではサイトをSSL化するWordpressのプラグインを提供されていて、それをインストールしてWordpressの管理画面の設定にあるサイトのURLを”http://~”から”https://~”に変更します。
途中ログアウトするシーンもありますが、ファイルをいじるような作業は発生しませんでした。

それよりも重要なのはSSLを適用後にウェブマスターツールやアナリティクスの設定を見直しておくことです。こちらの方が手間かもしれません。

インターネットをけん引するGoogleがSSLを推奨していますし、ご利用されてるレンタルサーバーが無料SSLを提供されているのであれば、利用しない理由の方が少ないように思います。ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

開設1周年

昨日で個人事業主として登録して1年になりました。
まだまだ順調というにはほど遠い運営状況ですが、皆様に支えていただいて何とか1年過ごすことができました。この場をお借りして御礼申し上げます。

春くらいまでは下請けでHTML/CSSコーディングを中心にWordpressなどを利用したホームページの構築作業が主体で、受注が安定していませんでした。
現在は外部委託として週に2日出向してホームページの構築やそれに伴う編集作業をしたり、サーバーの設定操作などサポート面でもご依頼いただきながら少し安定感が得られるようになってきました。
まだ納得のいく自分のスタイルが見いだせていませんが、一方で興味のある分野にも少しずつ取り組んでみたりしています。

また次の1年、自分のスタイルを模索・構築しながら取り組んでいきたいと思います。
皆様にはこれからもお世話になることが多くなると思いますが何卒よろしくお願い申し上げます。

無料ホームページという選択肢

今さら無料のホームページって

今、無料のホームページ構築サービス(ウェブサイトビルダー?)と言っても、サービス自体は数年前から各社から提供されていたので目新しいものではないのですが、サービスがスタートした当初の閲覧環境というのはパソコンのモニターでブラウザを開くことがメインでした。
スマートフォンやタブレットなど閲覧環境が多岐にわたる今日、あらためて無料のホームページサービスに注目してみました。
(※初稿より一部修正しております。)

アメーバオウンドを試用してみました

無料のホームページ作成サービスも「Jimdo」や「Wix」などいくつか提供されているのですが、その中から「AmebaOwnd」を選びました。
選んだ理由としては

  1. 無料!
  2. 独自ドメインが設定できる
  3. 不特定な広告が表示されない
    ※ブログの個別記事内にAmebaOwnd内の他社ページへ誘導するリンクがありました。
  4. GoogleAnalyticsを設定できる

ほかにも便利な機能はあるのですが、決め手としては以上の点でしょうか。

条件はあるが選択肢としてはアリ!

ササッとサイトを公開してみました。
編集方法はテンプレートを選んで、それをベースに画像やテキスト、変更できる項目を設定するだけで、既にブログのサービスを利用されたことがある方であれば、それほど躓くこともなく作業できるのではないかと思える内容です。
注意点とすれば

  • 細かなデザインの変更はできない。
  • 広告の掲載などサービス内容の変更。
  • 将来的にWordpressなどに移行する際、編集データは手元に残らない。
  • ページの上下にAmebaOwndのリンク(ロゴ)が入る。

といったところでしょうか。
あと、ホームページに掲載したい内容のボリュームがあったり、特化した機能が必要な場合は、無料ホームページ作成サービスは向きません。
注意点やホームページ利用法さえクリアできれば、最低限の費用でホームページを開設することが可能です。
個人事業主や小規模の事業をされている方で、ホームページをまだお持ちでない場合は1度ご検討してみてはいかがでしょうか。

ペイントがなくなると聞いて…

start_paint次期Windowsのアップデートで標準でインストールされていた画像編集ソフトのペイントがなくなると話題なので、改めて起動してみました。

キャプチャ時には重宝してました

常の画像編集では大抵Photoshopを立ち上げていましたが、こういったブログや資料作成などでPC画面をキャプチャする際には、サクッと立ち上がるペイントが重宝していました。

capture_paint

メインで活用していたわけではないですが、いざなくなるとなると寂しい気もします。
他にもなくなるアプリがあるようですが、後継は提供されないのかな?

マストドンユーザーのメンテナンス

この度、マストドンのインスタンスを変更することになりました。
そこでユーザーの引っ越しをご紹介します。

フォローしているユーザーを一度に再登録

ユーザー情報で引き継げるのはフォローやミュート、ブロックしているユーザー情報です。

まず、ログインしている状態で、一番左のカラム上部にある歯車のアイコンをクリックして、設定画面を表示させます。

user02

すると左の列のメニューに 「データのエクスポート」があるのでクリックします。

user04

切り替わった画面に「フォロー」「ブロック」「ミュート」とそれぞれCSV形式のファイルをダウンロードできるリンクになっているので、必要なものをダウンロードしておきます。

user06

今度は引っ越し先の設定画面から「データのインポート」を選択します。

user08

インポートする項目を選んで、先ほどダウンロードした該当するCSVファイルを選択してアップロードします。

以上で、これまでに繋がりのあったユーザーさんを再びフォローすることができます。